BraveMarketing

作家・アーティスト向け

役者が売れない理由と売れる役者になるコツ

役者が売れない理由と売れる役者になるコツ

こんにちは、葛西です。

近年、役者・モデル・俳優・女優で売れたいという方がまだまだ多いのではないでしょうか?

この記事をご覧いただいたあなたもきっと、売れたいと思っていらっしゃる方だと思います。

芸能という業界は、華やかであり、これからもどんどん新しい人が出てくる人気の業界だと思います。

かくいう私も18~22歳、結婚する前まではずっと俳優とモデルをしていました。

映画に出たり、舞台に出たり、ファッションショーに出たりと、様々やってきましたが結局売れて儲かることもなく諦める選択を取りました。

「あぁ、そういえば上京した理由は役者とかモデルがやりたいわけじゃなく、稼ぎたかったからなんだな」とふとしたタイミングで思ったため、役者の道をあきらめ、ビジネスというの道に入りました。

さて、今回は私自身の経験も兼ねて、役者やモデル、俳優女優が売れない理由と今になって気づいた売れる役者になる為に必要なことについて綴ってみます。

実力がある役者はゴマンといる

さて、早速ですが実力がある役者はこの日本でゴマンといます。

むしろ大手事務所が出していく若手のイケメンや可愛い子よりも、何十年もアルバイトをしながらでも役者を続けてきた中小劇団の役者さんのほうが圧倒的な経験と実力があるのではないか?と私は経験の中で感じました。

この世の中には、実力があって売れない人、実力がなくても売れている人がいます。

その違いをもたらす違いは一体なんなのでしょうか?

ぶっちゃけ、事務所はあなたを売ってくれない

集客の相談ということで、役者やモデル、俳優、アーティストさんからも

「どうすればもっと売れるようになりますか?」というご相談をいただくことがあります。

その際に売れない人ほどよく言っているなと思われる言葉があるんです。

それは「事務所が自分を売ってくれないから事務所を変えたほうがいいんですかね?」という言葉。

この言葉、非常によく聞くんです。

私はそのときに必ず「自分が売れない原因を事務所のせいにしていたら一生売れませんよ」と一言返します。

かくいう私も当時はそんな状況で、常に自分が売れない理由を事務所のせいにしていました。

そして事務所をコロコロ変えてはまた同じ状況を繰り返す。4つの事務所を転々としてきたのです

正直な話、事務所選びは凄く重要です。

実力がある事務所で一目置かれるまで努力しなければ事務所は動いてくれません。

「大きい事務所だと勝てる気がしないし…小さい事務所にしよう。」とした場合、

お金をあなたからむしり取るだけ取り、仕事を一切紹介してくれない事務所もあります。

高額な写真撮影代などを払わされ、仕事は一切紹介されることがなく、私が所属した2つ目の事務所はそんな感じでした。

事務所や劇団が求めている本質

さて、ここまでお話してきた上で、最も重要なことを知る必要があるのではないかなと思います。

それは、事務所や劇団が求めている本質は一体なんだ?ということです。

劇団の事例で言ってしまえばチケットノルマがある劇団は、あなたのファンがいて、あなたの集客力があるかどうか?を求めているのではないでしょうか?

ぶっちゃけた話、私に相談してくれる役者さんやアーティストさんには「事務所は売ってくれませんから、まずはあなた自身で自分を売っていくのが早いですよ」という話をします。

あなた自身が集客できる力が身につけば事務所側や劇団側は「この人は集客ができるしファンもいるんだな」という認識が出るようになります。

そこまでの認識を相手にさせることによって、あなたを放っておくことはなくなっていくかもしれません。良い配役をもらえたり、より多くのオーディションを紹介してくれたり、有利なポジションで活動することも可能となっていくのではないでしょうか?

求められているのは実力もあり、集客できる役者である

先ほど実力がある役者はゴマンといるというお話をしましたが、自分自身で集客ができる役者はまだまだ少ないと言えます。

あなたがどんな人物であるか、多くの人は知りません。

あなたの活動においてあなたのことを多くの人に伝えていく力、それは即ち集客できる力が備われば、舞台に出演するだけでも多くの方があなたを見に来ます。

チケットノルマをクリアし、チケットを大幅に売りまくることによって事務所も劇団も喜ぶし、あなたも喜べる。

そんな状況を作ることができたら、もはや誰もあなたのことを放っておくことはできなくなるでしょう。

「そんな状況なんて簡単に作れるわけないじゃん。」

なんて声が今、聞こえてきました。

可能です。簡単です。

その方法はたくさんありますが、まずはぜひ下部のBraveMarketing公式メルマガに登録してみてください。

実力がなければ売れ続ける継続はできない

さて、ここまでお話した中で、集客力はとっても重要なのですが、実力も本当に重要です。

なぜならば、実力がなければあなたのファンがファンであり続けないからです。

ファンはファンになる人を選ぶことができるのです。

私は以前、直感で感じた

・この人は売れそうだな…という実力のあるアーティスト

・この人は売れなそうだな…という実力のないアーティスト

を同時でプロデュースさせていただいたことがあります。

私はマーケッターとしてどうすれば世の多くの人達に彼らの歌を届けることができるかな?という部分(彼らの認知度を一気に引き上げること)に徹していたわけですが、実力のない人は1万人、2万人、3万人と認知度を引き上げても一度見られただけで次も見ようと思われなくなり、どれだけ認知度をあげても全くの無意味でした。

実力がある人は私がプロデュースさせていただいた後、たった7日間でAmazonにストックしていたCDが全て売り切れ、iTunesのダウンロード量も一気に跳ね上がりました。※

※この実績は事務所との秘密保持契約の兼ね合いもあり、弊社お客様の声のページでは記載していません。

私は歌をうたっていたわけではありませんので、歌のアドバイスとかは一切できません。

なので実力に関しては何も言うことはできないのです。

これはあなたを知らなかった人が、あなたを初めて知ったとき「継続してあなたを見続けたいか?」という部分です。

私は歌に対して口出しは一切できないので、アーティストに対しては認知度を一気に引き上げるお手伝いしかやりませんでしたが「継続してあなたを見続けたいかどうか?」というポイントは非常に重要なポイントとなります。

あなたのファンを獲得していく上で重要なことは、あなたを多くの人に知ってもらうこと、そして継続して見ていきたいと思われるように実力は磨きつつ活動していくことが重要です。

まとめると…

今回は役者が売れない理由と売れる役者になるコツについてお話いたしました。

あなた自身が実力があり、集客できる役者になれば事務所側からもお願いされることだってあるかもしれません。

もし、もっと自分のファンを増やして集客したい…そんな風に思ったら記事下にあるFacebookのセミナーをご覧いただき実践してみていただければと思います。

このノウハウを使うだけでも、あなたの活動におけるファンが10人、100人、1000人と増えていくかもしれませんね。私も当時、マーケティングを知っていれば…なんて思ってしまうことがあります。笑

もし、実践して結果が出たら、そのときはぜひ教えてください。私も嬉しいです。

それじゃ、また!

PS.私も仕事がひと段落したら、また舞台に出演して、たまには息子や娘にカッコイイ父ちゃんの姿を見せたいなぁ。と思っていたりしなかったりしています。

無料プレゼント実施中!


BraveMarketingの公式メールマガジンにご登録いただくと、
もれなく「Facebookで広告費を一切かけずに集客する方法」
のセミナー動画をプレゼントしています。
参加者満足度は93%を超え、
実践したクライアントが1ヶ月で依頼を17件獲得した方法を無料でプレゼントしています。
ご登録いただき、あなたの集客にお役立てください。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK